アルバイト・パートと契約社員、正社員、派遣社員の違いは、なんですか?

アルバイト・パートと契約社員、正社員、派遣社員の違い

工場や製造業の求人をみると、アルバイト、パート、契約社員、正社員、派遣社員とありますが、どう違うのでしょうか?

 

アルバイト、パート、契約社員、正社員の一番大きな違いは、雇用契約の違いです。

 

アルバイト、パート 契約社員は、「非正規雇用、有期労働契約」です。

 

有期労働契約とは、1年契約、6ヵ月契約などの期間の定めのある契約です。

 

正社員は、「無期雇用契約」です。

 

 

アルバイト、パート 契約社員は、法律用語でないので明確な定義はありません

 

通常 いわれているのは以下のとおりです。

 

3ケ月とか半年間とかの有期契約で、契約期間が来たら、通常は自動更新されます。

 

ただし、会社は契約期間が終了した時点で契約更新をしないことができます。

 

アルバイト、パートは、会社との契約で自分の好きな時間、日数働ける契約です。

 

アルバイトとパートの法律上の違いはありません。

 

契約社員も一定期間、働く雇用契約を結んだ人のことで、通常、労働時間や労働日数は、社員と同じです。

 

契約が終わると再雇用されるかどうかはわかりません。

 

もともと特殊な機能を一定期間 雇用するための契約でしたが、最近は雇用の調整弁として使われることが多いです。

 

正社員は、雇用期間の定めがない定年までの終身雇用契約です。

 

なんか問題でもおこさない限りクビになることはありません。

 

最近は、リストラでクビになったり、希望退職者を募集することもあります。

 

派遣社員というのは、派遣先の会社との直接の雇用契約では、ありません。

 

だから「有期雇用」でも「無期雇用」でもありません。

 

あるのはあくまでも派遣元との社員ということです。

 

契約は派遣先の企業と派遣元の企業の人員を一定期間、派遣することに関する契約であって雇用契約ではないのです。

 

派遣社員の場合は、仕事ができなければ、派遣元の会社にいってチェンジしてもらうことができます。